☆黄昏色のハーフムーン☆

子育てしながら占い師業を営む朧月夜のドタバタ日記。
笑いと元気をモットーに色んな話題を提供していきます。

【お詫び】
コメントスパムがとてもひどいので、現在全ての記事に対するコメントを拒否しています。
カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile

【別館】
占い部屋 Sea&Moon

私の占い用HPです。
ココとはかなり雰囲気違いますが
興味のある方はどうぞ♪

コトバ

しあわせは

いつも

じぶんの

こころが

きめる

(相田みつを)



最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

Link

recommend
ぼんくら〈上〉
ぼんくら〈上〉

いま密かに読み進めている本です。
まだ最初のほうですが、
宮部みゆきワールドに
どっぷりハマってます。
面白いです。


3年目の・・・

ウワキではございませんバッド
私が占いのHPを立ち上げてから、この春で3年目になりました。
早いもんデス嬉しい

3年前の春といえば、ちょうど姫を身ごもった頃でした。
独身時代はOLと掛け持ちしながら占い師をやっていて、とうちゃんと結婚してからも1年の間はパートと占い師を掛け持ちして家計を支えていたけど「そろそろ占いの仕事に専念したい」と思って、とうちゃんに頼み込んで長年恋焦がれたPCを夏と冬のボーナス2回払いで購入してHP作りをスタート。
本を片手に素材屋さんを巡り、ありとあらゆるパーツをかき集めてコツコツやっていたけど、素人ではなかなか技術的に難しいところが多く、12月から始めてるのに2ヶ月経っても全然出来上がらなかった。
当時、三重県からよくウチの店に来てくれてたお客さんがいて、そのお客さんがPCにとても詳しく、私がHPを作ってる話をしたら「自分でよければ手伝いますよ」と言ってくれた。それからまた1ヶ月の間、何度かお客さんに泊り込みでウチに来てもらい、私の出来なかったところをいじってもらって、やっとこ立ち上げにこぎつけたのが3月24日。
検索エンジンにも登録して、いざ「お店で宣伝しまくるぞー!!」と思ってたら、妊娠してる事が発覚。
それでも初めの頃はつわりと戦いながら、カウンター数が上がっていくのを励みにこまめに更新していたけど、実家のことが色々あったりしていつの間にかめんどくさくなってきてしまって、半年でおじゃん。
以後、2年間電子の海に漂わせたまま放置。
姫を出産して4ヶ月で店に復帰して占い家業一本でやっていたけど、HPのことなんてすっかり忘れていた。
姫がちょうど1歳5ヶ月になった夏の頃。たまたま店に来たお客さんから
「先生のHP見ました」と言われ、思わず「はぁ?」
てっきり店のHPのことを言ってるんだろうと思ったけど、よくよく名前を聞いてみると「“うみづき”と書いてありました」という。

ノヒョ−−−−!!!!!びっくり

それって私のHPやん!!
もうビックリ仰天やら恥かしいやらで、鑑定中なのにもかかわらず一人店で大騒ぎしたけど、もう遅い。
家に帰ると急いでPCを立ち上げて、自分のHPを見た。
出来た当初は最高だと思っていた仕上がりも、改めて見るとなんだかつたない・・・。
しかもこれがキッカケかのように、その後も次々とお客さんから目撃証言が相次いだ。
名前を聞くとみんな「うみづき」という。はぁ〜〜〜しょんぼり

でもここで思ったことは、みんな意外に私の事を調べてくれてるんだなぁ・・・ってコト。
それはとても喜ばしいコトだし、それだけ自分が注目されているということはすこぶる光栄なコトで、本当にありがたい話である。
それを私は意識することなくただのんべんだらりと過ごして、結果そのツケが2年という歳月を巡って回りまわってきた。
ここまでくりゃある意味戒めである。

せっかく思い出したことだし、ここは一度リセットして新たにリニューアルでもすっか。
とまたまた思いつきだけ行動して、この頃はまだ姫も夜泣きが激しかったので、深夜遅くに泣く姫を抱っこしながらコチコチ地道に作業して、2ヶ月かけてやっとこリニューアル完成。
そうして出来上がったのが今のスタイル。

立ち上げたばっかりの頃は名前で検索しても一向に引っかからなかったのに、今では色々な角度から検索しても上位に出てくるほどアクセス数もアップしてます。
店でも名刺に載せて宣伝するなど、いつ見られても恥かしくないようにちゃんとこまめに更新もしています。
最近ではブログのほうが中心になってしまっているけど、それでも3年前に初めて手がけたHPのほうがやっぱ一番愛着あるかなぁ・・・

ま、そんなこんなで色々思い入れのあるHPですが、ブログのみならずHPのほうもよろしくお願いします楽しい

占い部屋 Sea&Moon−海月−
書いた人 朧月夜 | - | - |




心機一転

こんな時間まで仕事していました。
いやぁ〜熱心×2(´◇`;)

というのはちょっちオーバーだが、実は先月からほったらかしにしていたHPに載せてる今月の占いを大急ぎで更新したのだ。

ホントは毎月1日付けの更新なのに、肝心の1日当日に店に行ってから更新を思い出して「やらなあか〜〜ん」と思いつつ、つい今日までほったらかしにしていた。(ブログはこまめに更新しているのに・・・)
全くズボラな性格であきまへん(´`;)ホホホ

で、姫ととうちゃんが寝付いてからちまちまやってたけど、どうも意識が集中出来ん。
テレビつけたり、お茶入れたりごそごそしながら現実逃避。
いやいや。早よやろうや。

やっとこカード出してきて、がさがさがさ・・・
ぱらぱらぱら・・・・

カードを開いたはいいが、書くのがこれまためんどくさい。
文章がすらすら調子よく思い浮かぶときは何とも思わないけど、こう集中出来ないときはカードを見つめたまま、ペンを持って紙の上で固まる。

いかん。やっぱり思い浮かばん。
台所でウロウロしながらアタマを整理する。
またコタツに向かう。
でもムリ。

いっそやめたろかとも思ったけど、いやいやそんなことは自分が許せません。
人生マジメじゃなくても仕事 だけ は真面目なのに・・・・

要所要所の単語だけ抜き出して、あとは打ち込みながら文章を考えればいい。
そう思って単語だけ、かきかきかき・・・

私のいい所はそのときどれだけ文章思いつかなくても、PCの前に座ると手が勝手にてきぱき動いてくれること。
これはある意味、特技と言っても過言ではないぐらい。

今日もその“技”を駆使して仕上げました(^^v)
保存してチェックいれたけど・・・う〜ん、スバラシイ(*´∇`*)
我ながらあっぱれだ。
ついでに1月から止めていたメール鑑定も再開した。
ちょっと精神的に色々あって止めてたケド、もう4月だし、心機一転に始めるにはちょうどいい頃だ(^∇^*)

と気付けばもうこんな時間(゜゜;)
明日は仕事だし、早よ寝よう。
書いた人 朧月夜 | - | - |




疲れるなぁ・・・・

ここんトコ、やたらにアクの強いお客さんが多い。
この間の火曜日も今日もそんなお客さんが多くて、鑑定が終わるたびに後味の悪さを感じる。

占い師が一番ニガテとするお客さん。
1.無反応。
2.試す人。
3.ウソをつく人。

これらを含めた人が最近よく来る。
正直言って、こういうのはすごく困る。
占いは意外なコトにすごく繊細で、こういうネガティブなものに影響を受けやすい。
とくにカード系の占いはこういう影響を受けると、磁石が強い磁場の中では狂ってしまうのと同じように、カードが狂うし、占い師のリズムも崩れる。
またその影響を受けないようにカバーしようとすると、フルパワーで防御しないといけないし、そんなことしてしまうと相手のことまで弾いてしまって全く見えなくなってしまう。
仮に見えたとしてもあまり詳しく出てこなくて、結果を出すのに苦労する。
そんなこんなで見終わったあとは、ドッと疲れが出る。

そんな状態がずっと続いてて、正直うんざり。
「もっとみんな素直になれよ」と思うけど、ひねくれた客にいくら言っても「ウマの耳に念仏」である。

最近ブログはスパム多いし、店はこんな客多いしで、世の中どうなっちまってるんだろうねぇ・・・と思う。
せっかく今日から4月になったというのに、月初めのしょっぱなからこんな愚痴グチになってしまって、なんともやるせないしょんぼり
書いた人 朧月夜 | - | - |




動物占い

なぜイマドキ『動物占い』なのかというと、ブログ友達のakoさんのところで動物占いの話が出ていて、
「姫の動物って一体なんやろう・・・??」
と疑問に思って、調べてみた。

調べたトコ→小学館:動物占い

姫の動物を紹介する前に、動物占いのスゴさをあらためて実感しました。
以前大ブームの時に買った本は男女別で別れていて、読んでてもあまりしっくりくる事がなかったけど、今回ネットで調べたヤツは「おぉ〜冷や汗」と感嘆の声を上げるほど、よく当たっていましたびっくり

ちなみに私の動物は『ライオン』です。VIP待遇大好きです。睡眠不足と空腹は大敵です。自分にも厳しいし、他人にも厳しいです。仕事なんかでははっきり言って『鬼』です。
そしてとうちゃんはこれまた『ひつじ』さんです。書いてあるとおり、見た目も中身もクールです。約束や決まりごとうっさいです。相談乗るの大好きです。いつも私の相談に乗ってくれます。でも当の本人は相談じゃなく私に言ってくるのは『グチ』です。情報収集はとうちゃんの役目です。
我が家夫婦は弱肉強食です。

で、この間に生まれた子供は・・・・











オオカミです。












もう見た瞬間、爆笑の渦でした。

嫁→ライオン
娘→オオカミ
共に肉食獣。

とうちゃん→ひつじ
唯一の草食動物。
どっちについても食われます。

あぁ・・・なんてかわいそうなとうちゃん・・・・・
オオカミを産んだあたしを許しておくれしょんぼり

でもこれは運命なんだよ。
だからここは思いきってあたしたちのジンギスカンになっておくれ。
ホッホッホハート

ちなみに、オオカミさんの性格は
『変わり者』『マイペース』『集団行動キライ』『クルマの運転が好き(とにかく車輪がついていれば何でもOK)』
です。当たっています・・・汗

みなさんも一度、家族や友達の動物をチェックされてみてはどうでしょうか??
ズバリ!相手の本質を知ることで、人間関係が円滑になること間違いナシでしょうグッド
書いた人 朧月夜 | - | - |




占い師とわたし

今日は怒涛のごとく忙しかった汗
私の店の出勤時間は本来1時からなのだけど、姫を実家に預けれる時間が1時からなので、ほかの先生にはワガママを聞いてもらって、2時から3時の間に出勤している。

それが昨日は1時半にお客さんが来た冷や汗

昨日は姫を迎えに来る時間が遅かった。
しかも姫の機嫌がちょっと悪くて朝からちょっとしたコトでぐずってた。
私の用意もなかなかはかどらない。
1時半にやっとこ迎えが来て、そこから急いで用意してると携帯が鳴った。
メロディは占い関係。
嫌な予感がして電話に出ると店からだった。
用件は「お客さんが待ってる」とのこと。
続きを読む >>
書いた人 朧月夜 | - | - |




帰らせてぇ〜。゜(´△`;)゜。

今日はとうちゃんが朝から珍しく
「送ったろか?」という。
「どこまで?」と聞くと
「そんなん決まってるやん」って・・・
いやいや。あんたの決まってるはいつも駅までやん。

「店まで送ったる」
というからお言葉に甘えて難波まで送ってもらった。
でもな〜んか裏にあるこんたんミエミエなんだよなぁ〜・・・と思ってると、案の定車の中で注文をつけてきた。
「オレの今年のでいいから仕事運占って」
やっぱりね怒り
私はそれには何にも答えず、黙って窓の外を見ていた。

店に着いてお客さんが待ってなければ見てやろうと思ったけど、こんなときに限って誰もいないんだよねぇ〜しょんぼり
しかたなくとうちゃんの仕事運を見さされるハメに・・・

内容は、個人情報につき言えません(笑)

身内からお金取るわけにもいかないので、とうちゃんに『お昼ご飯買ってきて』と頼んだら、おにぎり2個とお茶だけでした。
もっと気の利いたもの買ってくれよ。たとえばマクドハンバーガーとかさ〜怒り

とうちゃんたちが帰る頃にパタパタとお客さんが立て込んで、言葉も交わさないまま帰っちゃったのだけど、今日はとうちゃんが姫を見てる日で、ご飯とかお風呂とか色々忙しいので帰りのお迎えはナシ。

時刻は7:50 7:00あがりのK先生が帰る間際にお客さんが来て、この時間まで鑑定がかかって
「今日は見たいテレビがあったのに〜」とぼやきながら帰ってはったのだけど、そのときに
「そんなもんですよ〜」と他人事のように笑っていた私。
8:00が過ぎて、もうお客さんも打ち止めだろうと、売り上げの集計をして、道具を片付けようとしたそのとき。

お客さんがキタ!! びっくり

時刻8:20・・・
最終締切り10分前。微妙な時間に来てくれたしょんぼり
しかもこのお客さん、店の先生同士の間でも悪評の高いお客さんで、とにかく話が長い!!
こっちが後ろでお客さんが待っててもおかまいなしに自分のコトをひたすら聞きたがる。
しかも毎週私が出てるときに来て、毎週同じコトを聞いてくる。
よくもまぁ飽きずに、しかもそんだけお金もよく続くねぇ。。。と感心しきりなのだが、これがまた私だけのところでは飽き足らず、同じ店のほかの先生にも見てもらってるときたもんだ。
これもその先生が出てる日にほとんど顔を出す。

それにしても噂ってコワイ。
実はK先生が帰るとき、
「今日は例のお客さん来なかったですね」というと
「ほんとやねぇ」と笑っていた。

言うんじゃなかった・・・・
言うんじゃなかったと後悔しても遅かれし。

来ちゃったものはしょうがない。
腹くくってみるとしますか。

いつものとおり、ぐだぐだ泣き言いいつつしっかり聞きたいことは聞いてくる。
で、閉店も終わりに近づいてきた頃。
いい加減話を打ち切って精算しようとしても、まだ財布を出しながら色々聞いてくる。

いい加減帰らせてくれ・・・
私はあんたと違って、これから道のり40分かけて帰らないといけないんだ・・・
頼むからもっと時間のあるときに来ておくれ。
私の忍耐と時間的余裕があれば、1時間でも2時間でも話は聞いたげるよ。

だから今日は帰らせてくれ〜〜〜汗汗汗

結局、家に到着したのは11時前でした。
はぁ〜悲しい
書いた人 朧月夜 | - | - |




正夢

今日はやっぱりカードを見る自信がなかったので、体調不良を理由に店を休ませてもらった。
でも店は一人で座っているので誰か代理を立てないといけなくて、店を仕切っている先生(N先生という)に電話して、誰か代理を立てて欲しいとお願いをした。
急なコトだし、ムリかもしれないと思ったけど、やっぱり誰も代理を立てることが出来なくて、一応N先生が2時まで座っているから2時から出てきて欲しいと言われた。
長い時間座っていることを考えればそれでもいいと思って引き受けたけど、電話を切った後、うつらうつら寝てるときに夢を見た。
N先生と2時に約束していたのに、私が寝坊して起きたら2時だったという夢で、しかもそこから用意して出て行ったのが夕方の6時。
「先生は2時までしかムリだと言ってたのに、今頃もうとっくに帰ってるだろうな・・・それに今さら私が行ってもレジ締めだけで行く意味ないんじゃないの?」と思いながら、しかもめっちゃ急いでるはずなのに、なんでか店までチャリンコで走るといった訳の分からないことをやっていて、それでも必死でチャリンコ飛ばしながら店に向かうと、店には違う先生が座っている。
「何で?誰もいないっていったじゃない」と思ったけど
「代わりの先生が来てくれたんだ。店に穴開けないでよかった・・・」とホッとした。
でも今日はタロットの日だと言ってるのに、代わりで座ってる先生は四柱推命の先生。それでもお客さんは番号札を持って待つほど並んでいた。
店が引けて話を聞くと「N先生から電話がかかってきて『出て欲しい』って言われて12時から来ましてん」
と話してるところで電話が鳴った。
おぼろげながらに電話に出てみると、さっき電話したN先生からだった。
『メールでも入れてんけど、A先生が出てくれるって言うてて12時に来てくれるねん。だから聖衣羅ちゃん(私の占い師名)はゆっくり休んでてくれていいよ』と言われた。
はっきり言って「・・・・・」な気分。
たまに予知夢というか正夢は見ることはある。
今でも覚えているのは、自分の母親が買い物してきた中身を夢で見て、またその理由もうだうだ言ってる会話も全てがそのまんまだったという。
あれにも驚いたけど、今回のもほんとびっくりした。
でもなにはともあれ、先生が見つかってよかった。
今日は誰もいないことだし、火曜日の仕事に向けてゆっくり休ませてもらうとするかな。
書いた人 朧月夜 | - | - |




仕事初め

今日は少し遅めの仕事初めでした。
3週間ぶりの占いはやっぱいい☆
でも声が風邪でまだ本調子じゃなかったから、いつもみたいにアップテンポで喋れなかったけど、それでもいいの。仕事に行けただけで嬉しいの☆
それにしても長く休みすぎたせいか、今日はリピーターのお客さんがいっぱい来た☆
みんな待ち望んでてくれたのかなぁ。。。。なんて楽しい汗

それにしても風邪がほんとによく流行ってる。
私は休んでいたから知らなかったけど、いつも一緒に組んでる先生が
「実は私も先週の火曜日、風邪で寝込んで休んでたのよ〜」というから驚いたびっくり
お客さんからは「先生、風邪大丈夫ですか??」とひたすらに聞かれて、
その都度「あ〜大丈夫です〜。おかげさまでだいぶ落ち着きました」とオカマ声で受け答えをしていたけど、全く説得力ナシ。
鑑定中も喋ってるとだんだん喉が乾燥してきて、咳き込んだりしてるとお客さん「南天のど飴」をくれて、それを舐めながら閉店まで頑張った!
風邪もあと2.3日中には落ち着きそうな感じ。鼻水がほとんど出なくなったし、咳もときどき痰がからむだけで、それ以外は出てきてないし・・・
それにしても2週間かぁ・・・長かった悲しい
書いた人 朧月夜 | - | - |




占い師の悩み

昔まだOLをやっていた頃、ある占い館に行ったときの話。
私は18歳で占い師をデビューして、今年で11年目。
同じ年頃の子が青春を謳歌してるときに、私はヒトの裏側を見ていた。自分で選んだ道に悔いはなく、後悔もなかった。ただひとつだけ悩みがあるとすれば、それは「自分の悩みをヒトに話せない」ということだけだった。
きっと「占い師」という肩書きに自分のプライドが邪魔していたんだと思う。でもそれが自分の選んだ道の運命ならば受け入れるしか仕方ない。今でも自分の心の内側をヒトに見せることはあまりない。やっぱり10年経ってもその辺は変わりない。
当時、占い師だけでは食っていけず、OLをしながら掛け持ちで占い師をしていて、占いの仕事もOLの仕事にも行き詰まり、自分ではどうにも解決できなくて、占い師の身分を隠してある占い館に駆け込んだ。(私も経験あるが、所詮身分を隠しても同業者はすぐ分かる。でもなんとなく自分が占い師であるコトが後ろめたくて身分を隠してしまう・・・ある意味、悪循環である)
自分がタロットをやっているせいもあって、同じタロットの先生にみてもらおうと、タロットの先生を指名した。
部屋に入り、ありきたりな相談内容を話すとカードを切ってもらった。
出た結果は、とうてい自分の納得のいくものではなかった。
でもそれもカードに出てきた答えとして受け止めたけど、その時の問題は先生の対応の仕方だった。
それは私にも身に痛い話で、あまり批難できることではない。
でもゲストが落ち込んで悩んでいるのに、その言い方はないだろうというものだったし、私が同業者だとわかると、とたんに占い師はパニくっていた。
まぁ至極当然の話だ。きっとそのヒトはまだキャリアが浅かったのかもしれない。
ほころびを繕おうと必死で受け答えしていたけど、でも深追いすればするほど、どんどん状況は悪化。結果、後味の悪い状態で帰ってきた。
そのときに学んだことは「ヒトの振り見て、我が振り直せ」
まさにそのとおりだった。もしかしたら私も自分の知らないところでそういう受け答えをしていたかもしれない。

その後もそことは違う占い館に何度か相談に行った事があるけど、きっと一般の人よりも一番占いに頼っているのは、もしかしたら占い師のほうかもしれない。
ことわざにもあるように『医者は不養生』というコトバ。
いくら自分がある種の専門分野にいても、実の所は自分が一番自分のことをわかっていなかったりするのかも。
でも、どんなことでも最終的な答えは自分の中にあって、それを誰かに見つけてもらうことで、その後どうするかは自分次第なんだということを私は自分の身を持って経験はした。
例の占いの結末は、結局占い師さんの言うとおりにはならなかった。(その時、その占い師さんに言われたのは「あなたは占い師を辞める」と言われた。「OLの仕事のほうを選ぶ」と言われた。でも私は今でも占い師を続けていて、OLの仕事は寿退社で辞めてしまった。)
それは今からちょうど5年前の冬の話。

なんでこんな話をしたかというと、実は今、私が四柱推命でいうところの「空亡(くうぼ)月」(いわゆる天中殺というヤツ)に当たっていて、毎年12月と1月はとにかくしんどい。色々問題が起きるし、それが毎年でも慣れることなんて全くもってない。
でも毎年訪れるその苦しい出来事の時期に、よその占い師さんのところに頼るコトがあって、今まで自分では気付かなかったコトや目を背けていたコトを占い師さんに指摘されて、たくさん勉強はさせてもらった。
自分の狭い世界観だけでは見えていなかったことも、苦い経験を通り越せば、それが自分の身になって成長していくんだということも教えてもらった。
そうやって今まで以上に成長した自分でお客さんに接するが出来るのなら、私はそのための苦労はいとわないつもり。
でもやっぱり苦しいものは苦しいのである。
今も子供のことや仕事のことでいっぱいいっぱいになっているけど、立春が訪れる頃には私にも春がやってくることだろう。
それまでは苦しくても頑張るしかないんだよねぇ・・・。
あ゛〜。空亡よ、早く抜けてくれ!
書いた人 朧月夜 | - | - |




年末最後の大仕事

あと30分で今年が終わる。
でもあたしにとってはタイムリミットまであと30分。
占いHPの月間占いの更新をあと30分で仕上げないといけない!
あ〜間に合うかしら汗
書いた人 朧月夜 | - | - |




年内最後の仕事

今年最後の仕事に行ってきました。
やはりこの時期になると別れ際の挨拶が
「今年はお世話になりました。良いお年をお迎えください」
なんだけど、今日は新規のお客さんが一人だけで、あとはみんなリピーターさんばっかりだったので、帰りがけの挨拶にこの言葉がよく飛んだ。

それにしても・・・

日本人って奥ゆかしいというか、律儀な人種だなぁ・・・と思う。
まぁそんな私もりっぱな「ニッポン人」なんだけどね。

西洋のクリスマスも悪くないけど、でもこの日本独特の「お正月」というムードは大好きよ楽しい
この歳になってもうお年玉はないけど、お雑煮とかおせちとか年に一回食べるご馳走は実は毎年楽しみなのよねぇときめき

ただ年末の大掃除だけはカンベンしてもらいたいものだけど・・・しょんぼり
書いた人 朧月夜 | - | - |




深夜のひとりごと

姫ととうちゃんは今日から大阪のとうちゃんの実家に二人でお泊りに行く。
私は今日と明日と二日続けてお仕事。なので不参加。
ただここで言いたい事が一つ。それは川西のお仕事について。

去年の9月から川西の店に入り始めて早1年。
月に1回だけとはいえ、お客さんもたくさん来てくださいました。
でも、それももうそろそろ限界かなぁ・・・という感じです。

お客さんがどうこうというわけではない。問題は内部事情にアリ。
先月の末で石屋さんが撤退。その理由も内部事情によるもの。
石屋さんが撤退して、私たちに降りかかってきた問題はかなり重い。

1つ目は、今まで開け閉めしてくれてたお店を自分たちでしなければいけない。
まぁこれは大阪の店でも同じだから別にいいんだけど、でもその連絡事項が私たち占い師に全く伝達されていないということ。

2つ目は、12月から石屋さんが撤退した代わりに新しく占い師の派遣業者が入ることになった。
コレに関しては、連絡ノートに書き込まれていただけで、私たちには一切何も連絡ナシ。どういうこと?てかそれを私が知ったのが11月27日だった。ありえない。当初、私の出演予定が12月4日だったけど、急きょ18日に変わって、4日に代わってもらった先生に「何か聞いてる?」と言っても「何も聞いていない」というし、12月から入ることになってるという割にはシフトも何も組まれておらず、どないなっとねん状態でかなり不安だったこと。

3つ目は、結局新しい業者は手を引いてて店には入ってこない。
コレも連絡ナシ。それどころかこの話を大阪の店で一緒に組んでる先生から聞かされて「聞く相手が違うだろう・・・」と思った。

そんなこんなが色々あって、私自身12月いっぱいで撤退かなぁ・・・と、色々考え中。
店は残るだろうケド、でも占い師さんがみんな不信感を持っていて、日にち減らしたりして引き始めてて最終的には占い師の数が足りなくなって、店が維持できなくなるから閉店するだろうな。大迷惑な話だ。

でも私達やとわれの身としては、なるようになっていく流れを見守ることしか出来ず、実際この話もそれぞれが個々の占いである程度予測していて、問題が起きたときも「やっぱりね」で済ませていた。
ん〜さすが占い師。恐るべし冷や汗

私も川西の店がなくなったら、また以前の状況に戻るだけ(大阪の店と家での鑑定の日々)なんだけど、でも何となく後味悪すぎる。
やっぱ仕事は仕事だし、いい加減なことをされてそれで逃げてしまうように撤退するのは私もイヤだけど、でもねぇ。。。
正当を正すには相手があまりにいい加減で、しかもそのいい加減さに気付いていないから頭が痛い。
結局、黙って身を引くしかないのよね・・・。

はぁ〜占い師ってみんないい加減。
ちゃんとマジメな人もいるけど、たいてい占いに関わってる人はいい加減なヤツが多い。
川西を仕切ってる人も占い師さんだけど、やっぱいい加減だ。

そんなこんなで川西はもしかしたら今月いっぱいで終わってしまうかもという話で、その川西の店に行くこと自体が今かなり憂鬱になってる私・・・。
日曜日もあまり行きたくない。でもお客さんが待ってるし、お客さんに迷惑掛けたくないから行かないわけにはいかない。
あ゛〜ジレンマだ\(`ロ´\)(/`ロ´)/
書いた人 朧月夜 | - | - |




電話鑑定 その

例の電話鑑定のお客さんが昨日、追加依頼を要請してきた。
でも私は正直これ以上仕事を引き受けたくなかったし、しかもジャンル外のことを言ってきたので断った。
そしたら今日、朝一番に前金を振り込んできたので鑑定をしたのだけど、それにしてもしつこい!!怒り
入金が確認できてからの鑑定だって言ってるのに、入金して確認の電話をかけてきてそのわずか5分後にまたかけてきた。でも私も鑑定中だったのでそのまま出ずに置いてたらまた間髪あけずにかけてきて、トータル6回も1.2分おきにかけてきてた。。。もうカンベンしてくれショック
鑑定結果をFAXで送って、質問の電話をかけてきたからいくつか質問に答えて電話を切ったけど、もう二度とヤダ!
ただ、これにはオチがあって、以前に踏み倒された先生のところにまた電話がかかってきたらしく(あたしはその根性にびっくりするよ冷や汗)私に追加依頼した内容の件で相談したらしい。でもその先生もさすがに断ったらしく「もう私は鑑定しません!」ときっぱりいうといきなり何も言わず電話を切ったらしい。
まぁその先生から私のトコに電話がかかってきて「もう二度とかけてこんやろう」ってことなのだが・・・。それにしても災難な客やった悲しい
大体はみんな常識あるけど、たま〜にこんなやつがいるから困り者だ。
しかもこの事件の直後に、他の先生がお客さんの鑑定を見てたときに「ちょっと息子の嫁のことも見てもらいたいけど、生年月日がわからないからちょっと電話かけてきますわ」と行ったきりそのまま帰ってこないなんてこともあったらしい・・・。まったくどないなっとんねんショック
はぁ〜、今月は厄月だな。こりゃしょんぼり
書いた人 朧月夜 | - | - |




電話鑑定

今日はなんだかサイアクな日やったしょんぼり
朝から4人予約が入って、3時に3人(2時の予約が3時に変更になったのよね)4〜5時の間に1人予約が入ってて、クソ忙しく鑑定してる最中に私宛に電話がかかってきた。しかも鑑定を中断させてまで急ぐといわれ、出てみれば電話鑑定の依頼だった。
うちの店は基本的に電話鑑定はやっておらず、どうしてもという場合は先生の判断ですることはあるけど、私自身は自宅以外の電話鑑定は受け付けないようにしている。
それを以前、別の先生が地方の人で店に行けないから電話で鑑定をお願いしたいといって2回ほど鑑定をしたのだが、その2回分の鑑定料金を踏み倒された。しかも鑑定料を踏み倒しておきながらその後もしつこく電話をかけてきて鑑定を依頼してきたので、自分の手に負えないとそのお客さんを私に振ってきた(そもそもこの時点でおかしな話なんよね。なんでそんな踏み倒してるような客をこっちに振ってくんの?普通そこで止めるでしょ?てか断るでしょ。「あんた金払ってないからもう占いできません」って。そこがよう分からん怒り)
電話の主は、なんとそのお客さんだったびっくり
私に最初振ってきたのは2ヶ月前。私が店に入る前の日に、踏み倒された先生から「お客さんに先生のこと紹介したら、明日電話かけるって言ってたからかかってきたらよろしく」と言われ、待っていたのに一向にかかってこない。私も「何やねん怒り」と思いながらも、そのまま放ってたら今日、その電話がかかってきた。しかも向こうの言い分はいつも電話しても私がいなくて2ヶ月も待ちました、と。
そんなん言われてもうちかてずっと待ってたって言うねん!怒り
それで今日、予約で込み合ってるのにもかかわらず、そんなんおかまいなしに今すぐ鑑定してくれというからこっちが予約制だというと、
「え〜急ぎなんですけどー」
「いや、でも予約しか無理なんで・・・」
「そこを今日だけなんとかしてくれませんかぁ?」
・・・って、いやいや。。。あんたその前に料金支払ってないやん。
こっちがいくら無理なもんはムリと言っても引き下がる気配ナシで、でもいくら粘られてもどっちにしても予約で一杯だし、踏み倒しの件があるから
「予約して先に前金でお支払いいただいてから鑑定します」
というと、
「信用問題なんですね。でも私以前にそちらの先生に見てもらった事ありますし、住所も電話番号も言うてるんで大丈夫ですよ。逃げも隠れもしません」
っていうから、おいおいおい・・・あんた・・・冷や汗って感じで、もう開いた口が塞がらなかったショック
まぁでもそこは店の規則でと言って、いちおう予約で受け付けて、料金の確認が出来次第、鑑定内容を知らせるということにしたのだが、やれやれ・・・とんだ客もいたもんだショック
で、やっとこ電話を切って、一緒にいた先生に詳細を話している途中また電話がかかってきて、出るとさっきのお客さんによく似た声(いや、間違いなく踏み倒しババアだろう・・・)の人が
「そちらは電話鑑定はやってるんですか?」
・・・と。一瞬電話の声が聞き取りにくかって電話鑑定だといった気がする・・・と思いながら私が
「はぁ?」と聞くと
「料金はおいくらなんですか?」と聞くから
「電話鑑定ですか?」
「そうです」
「こちらは電話鑑定はやってません」
といって電話を切った。まったく。。。。しつこいよ怒り
仮に違う人だったとしても、もうそんなのはどうでもいい。店での電話鑑定はややこしい。店を通しながら個人でやり取りしないといけないのがそもそも面倒な話だ。
やっぱり店での電話鑑定は引き受けないに限る!バッド

でもね、私が言いたいのは誠意の問題。
別にお金なんかどうでもいいねん。1000円2000円ぐらいのはした金でどうこう言いたくない。お金なんてあるところからもらえたらそれでいいし、なければないと言ってくれたらいくらでもタダで見てやるよ。カード切るぐらい別に減るもんじゃないし。
ただ私は踏み倒されたことに腹が立つんじゃなくて、その誠意のなさに腹が立つねん怒り
私たちが出した鑑定の内容は私たちの誠意と真心がこもっているもの。
お金はそれに対して究極のカタチで表わす感謝の気持ち。それこそお金以外の方法があればぜひそちらを利用したいけど、今のところ「お金」という手段しか方法がないから料金をもらってる。
そもそも、なんで人の悩み聞くのに金がかかるん?っていつも疑問なんだけど、それをある先生に言わせると「それが究極の誠意の示し方だから」といわれ、たしかにそうだと思った。
でも、やっぱり占いでお金をもらうのは私の中では心苦しいものがあるし、出来ればもらいたくないとも思うけど、それが仕事で運命ならば仕方ない。
それは元より、いい年こいてルールが守れないってのはホンマどうかと思うし、これがスーパーとかだったら間違いなく万引きと同じだぜ。
まったく、そこんとこ分かってんのかねぇ・・・?
書いた人 朧月夜 | - | - |




いざ!出陣!!

さっきお店のお客さんから電話携帯があり、私をぜひ紹介したい人がいるといって2時に3人分の予約を入れてきた。
どうやら店に電話をしたら「4時からなら・・・」と言われたらしい。
たしかに実家に姫を預けてそれから急いで行っても店には3時ぐらいからしか出勤できないから、店の先生がお客さんにそう言ってくれたのはありがたい拍手
結局、あれから姫が寝付いたのが2時だったのよね。。。悲しい
おかげで今日起きたのは11時近くだって、私もその時間まで寝入ってたから洗濯や掃除がまるで出来ていないショック これはかなりまずいでしょう冷や汗
だって昨日、天気予報で雨だと聞いていたから洗濯しなかったのに、それが大幅に外れて曇りときどき晴れみたいな感じで「洗濯できたやん!怒り」という状態だったから、カゴの中には洗濯が山のように積みあがっている汗かなりヤバい汗汗
行く前にダダーっと洗濯していこう思ってたけど、2時から予約だともう今から用意していかなきゃ間に合わんしなぁ・・・・・あ〜。。。洗濯がぁ・・・・悲しい悲しい
こりゃ明日はコインランドリーの乾燥機行きかなしょんぼり
書いた人 朧月夜 | - | - |




ホムペ

お客さんって怖いショック汗
夏に店のお客さんから「先生のHP見ました〜嬉しい」って言われて、私はてっきりお店のHPのことを言ってるんだと思って(以前にもそういうことがあったからね)「ここのHPでしょ?」って聞いたら「いえ、先生のだと思いますけど・・・」って言うから、もしかして・・・冷や汗

「それって何て名前だった?」
「海月って書いてありました」
「ドッヒョー!!!!!びっくり冷や汗びっくり冷や汗

・・・・というのも、2年半前にHPを立ち上げたのだけど、作ってすぐに妊娠して子供が産まれたりして、しかも検索エンジンも登録はしてあったけど、1ヶ月経っても名前で検索しても出てこないし、店でも宣伝してたのは最初だけで更新が止まってからは全く宣伝もしなくなって、まぁ大して見る人もいないだろうって感じで熱も冷めてしまって、以来2年半も放置してた。
が!お客さんはしっかり見てた・・・冷や汗
で、お客さんに言われたその日に慌ててHPの壁紙やコンテンツを入れ替えて新規一新リニューアルして、そっからは真面目に更新してるけど、最近はこっちのブログにハマっててまた更新がおろそかになりつつある・・・汗
それが昨日、また検索で私のHPを見たというお客さんがいて、やはり私が更新してない間にのぞいたらしく「長い間、更新されてなかったので今はやってないのかなと思いました」と言われ「あ〜・・・見てる人は見てたんだしょんぼり」とちょっと反省しましたショック

でも嬉しい楽しいそうやってみんなが私に興味を持ってくれて、わざわざ検索までして探し出してくれて、店に座ってるだけじゃ自分のスキルのバロメーターを知る機会なんてほとんどないけど、でも数ある占い師の中から私を信頼して選んでくれてるってことはほんと喜ばしいコトだと思う。
昔は、雑誌やテレビなどのメディアに顔を出す事が多かったけど、でもそれは店の力と後押しで出れていただけであって、決して自分の実力ではなかったし、メディアの勢いだけに乗っかってても結局は一時的なものでしかなくて、その後に続くかどうかなんて知れたものでもなかった。でもあの頃はそれを自分の実力だと思い違いをしてて、雑誌やテレビに顔を出さなくなったとたんにお客さんが全く来なくなったとき、初めて自分の愚かさに気付いた。
今はその店から離れて違う店に移って8年になるけど、そこは前の店とは比べモノにならないぐらい小さくて、雑誌のオファーもない店だけど、でもそこでここまでやって来れたのは自分で言うのもなんだけど、すごいと思う。最初の頃はお客さんがなかなかつかなくて、一時は引退まで考えたけど、やっぱりこの仕事が好きで、あきらめる事が出来なくて、腐っても堕ちても占い師は占い師で、一度この世界に足を踏み入れた以上は生涯辞めることなく現役なんだなぁ・・・って思った。
おかげで今は口コミや紹介でお客さんがよく来てくれる。私はそれだけでも嬉しいのに、そうやってHPまで探してくれてるっていうのがなんか贅沢な感じがして、あまり人から褒められることが苦手な私としてはかなり照れくさい汗
でもまぁ、それにおごりかぶることなくこれからも地道にコツコツとやっていこうと思う今日この頃だ楽しい
書いた人 朧月夜 | - | - |




寝坊

今日は午前中にタロットの教室があって、それの準備をするのに早く起きる予定だった。にもかかわらず寝坊した悲しい

二度寝はあかんしょんぼり二度寝は一回目よりも熟睡度が高い!
今日も起きて時計時計見た時、表示されてる時間と置かれてる状況が一瞬把握できなくて「ん??」って思ったけど、次の瞬間に「うおぉぉーーーびっくりヤベェーーーー汗汗」って感じでオロオロしてたけど、開始時間まであと5分もあるし、まだ来てないし、今ならまだ間に合う!!て思ってベッドから飛び降りて服着替えに行ったとたん、ピンポーン・・・・
キタ━━びっくり━━!!って感じでパジャマのままぼっさくれ頭の寝起きの顔をさらけ出して玄関開けたけど、もう情けないのなんのって・・・悲しい
教室始まって以来、かつて一度もこんなことなかったのに、もう泣きたかった悲しい悲しい
しかも生徒さんには「さっきインターホン押したら誰も出てこなくて電話してもつながらないから今日はお休みで私の勘違いで来ちゃったのかと思いました」って言われて、どうやら生徒さんは10分前に到着してたらしい・・・。
いやいやそんなことはないのよ。単なる私の寝坊なのだから・・・しょんぼり
それにしてもいつもならインターホンの音には絶対気付くのに、なんで今日に限って気付かなかったのだろう・・・携帯も今日に限ってPCPCのトコに置きっぱなしだったなんて・・・あ〜不覚だ!ショック
書いた人 朧月夜 | - | - |



累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ



アクセスランキング

ブログランキング
↑よかったらぽちっと↑
励ましの一票お願いします!


おるすばん


「かんな」にあなたの名前を
教えると次から名前で呼んで
くれるよ!


お知らせ

*2006/04/01更新*

ハーボット


+?n?[?{?b?g?IChibi?A?・+
ハーボットの「水月」です。
【?】マークを押すと「水月」
とお話が出来るよ!
色々話しかけてみてね。

あなたの名前を教えると
次から話しかけたときに
名前で呼んでくれるかも(゜゜*)


メロメロパーク

メロメロパーク
メロメロの「かぐら」です。
どうぞお友達になってください。


さすらいペット


ぴかぴよと出会った
   すべてのペットたちへ
Special Thanks!


BBS


おまけ

参加中

働くママ同盟